>

借り入れの目的

審査にさえ通れば手軽にお金を借りることができるキャッシングですが、これを利用する目的は人によっても様々です。
手軽に借りることができるからこそ、多用な目的があります。

しかし、中にはキャッシングの利用を考え直したほうがいい目的があることも事実です。
借り入れの目的には、どのようなものがあるのでしょうか?

生活費の足しにする

借り入れを利用する人の中でも、比較的多い目的が生活費の補充です。
生活費は毎月必要になってくるもので、普段は厳密に管理していることかと思います。
しかし、突発的に出費を強いられることもありえない話ではなく、一時的にお金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときに、借り入れが利用されます。
ただし、一時的であれば仕方がないと思いますが、生活費の補充目的での借り入れが常習化しないように注意しましょう。

娯楽や贅沢

娯楽や贅沢のためにキャッシングを利用するということもあります。
たとえば知人友人との飲み会などでお金が足りなくなった、ブランド品のバッグが買いたい、ちょっと無理をしてでも旅行に行きたいなどが該当します。
これらは確かにお金がかかるものであり、キャッシングでの借り入れを利用したいという気持ちもわかります。

しかし、こういった理由で借り入れを利用する場合は、本当に必要なのか、返すことができるのかといったことを慎重に考える必要があります。
娯楽や贅沢は本来必要なものではないため、これによって破産してしまっては元も子もありません。
手軽だからと手当たり次第に利用するのではなく、冷静な判断ができるようにしましょう。

ギャンブル

キャッシングを利用する理由で、最も気をつけなければいけないのがこのギャンブルです。
ギャンブルでの利用は、単にギャンブルをするお金がないから借りる場合と、ギャンブルの負けを取り戻すために借りる場合の2種類が考えられます。

前者の場合はまだ我慢がきく理由であり、踏みとどまることもできるでしょう。
しかし、後者の場合は非常に危険だといえます。

ギャンブルの負けを取り戻すためにお金を借りても、そのお金はまたギャンブルにつぎ込まれます。
これで勝てれば被害は最小限に抑えられますが、負ければさらに多くのお金を必要とします。
こうなると、どんどん泥沼にハマることになり、最終的に自己破産してしまうことも考えられます。

借りるときには、返済のことも考えて

このように、借り入れを利用する目的は多々ありますが、借りること自体は悪いことではありません。
大切なのは、返済についてきちんと考えられるかどうかです。
一時的に生活費が足りなくなった場合は、普段通りであれば足りていたということなので、毎月返済していく見通しが立ちます。

しかし、これが毎回になると、キャッシングがなければ生活できないということになります。
この場合は、生活の根本的な見直しが必要でしょう。
どのような目的で借りるにしても、堅実的な返済計画を立てられるかをよく考えましょう。