>

借り入れから返済までの流れ

キャッシングを利用するとき、まず気になるのはどうやって借りるのかということです。
借り入れの方法はいくつかあるので、どれを選べばいいのかも悩むでしょう。

また、借りたあとには、今度は返済方法も気になります。
むしろ、返済できなければ大問題なので、返済方法のほうが重要かもしれません。

このように、キャッシングを利用する流れはいまいちわからないことも多く、それゆえに不安になってしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、キャッシングを利用する際の借り入れ・返済の流れについて、簡単にご紹介したいと思います。

借り入れの方法

消費者金融でお金を借りる場合、まずはその会社と契約を交わさなければいけません。
この契約では、契約者本人の情報が正しいか、借りたお金をきちんと返済できるかなどを考慮し、お金を貸すことができるかを判断します。
この契約は窓口で行うこともできますが、自動契約機を使って契約することもできます。

また、近年はインターネットを利用して契約することもできます。
インターネットでの契約は窓口に出向く必要がなく、自宅から簡単に行うことができるので利用者も増えています。
契約が終わると、実際にお金を借りることができるようになります。
契約者の所得などに応じて借り入れできる限度額は変わります。
契約と同じく、借り入れも窓口で行うことができますが、インターネットやATM、キャッシュディスペンサーなどで借りることもできます。
ATMやキャッシュディスペンサーは、全国の銀行や郵便局、コンビニ、ショッピングセンターなどに設置されているため、出先で急にお金が必要になったときでも手軽に利用することができます。

返済の方法

返済の場合、利用できる方法は銀行振込、ATM、窓口などがあります。
銀行振込では、実際に銀行から振り込むこともできますし、インターネットで振り込みの手続きをすることもできます。
家から出なくてもいいので、いつでも好きなときに返済することができます。

ATMの場合、銀行やコンビニなどに設置してある提携ATMであれば、どこからでも返済することができます。
ATMの場合は利用可能時間があるので、その点には注意しましょう。
窓口の場合は返済について相談することもできるので、うまく使い分けましょう。
返済の期間については、自分の都合に合わせて選ぶことができます。
無理なく返済できる期間を選びましょう。

無理のない利用を

キャッシングは敬遠されることもありますが、借り入れも返済も非常に手軽に行うことができます。
そのため、使い過ぎてしまうということも考えられるので、利用の際にはきちんと検討して、無理のない利用を心がけましょう。